スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<シュレッダー事故>2歳児の指切断2件発生 経産省注意

<シュレッダー事故>紙を裁断する業務用シュレッダーに2歳の幼児が指を巻き込まれて切断する事故が、今年3月と7月に相次いで発生していたことが分かった。メーカーから報告を受けた経済産業省は「家庭でシュレッダーを使う機会が増えており、同種事故が続く可能性がある」として、23日に事故を公表するとともに、シュレッダーに幼児を近づけないようにするなどの注意を呼び掛けることを決めた。メーカーは再発防止策を同省に報告、要望がある場合は無償で対応する措置を取る。

 3月の事故は、大手生活用品会社「アイリスオーヤマ」(仙台市)製の業務用シュレッダー「SCA-410D」(高さ約60センチ)。同10日、静岡市内の女児(2)が、両親が経営する事務所内で、電源が入っていたシュレッダーの紙投入口に誤って指を入れ、両手の指を9本切断した。

 シュレッダーはA4用紙約10枚の処理が可能で、1度に処理できる枚数を増やすため、紙投入口の幅が約8ミリあった。事故後、同社は紙投入口を約3ミリに縮小した。

 女児は5月上旬に退院。同社は「女児と両親に対しては、会社として出来る限りの対応をしたい」としている。

 同社は23日から、事故が起きた機種と同じタイプのシュレッダー計5種約4万5000台を無償で改良品と交換する。

 一方、7月の事故は、「カール事務器」(東京都葛飾区)社製の同「DS-4000」(高さ55センチ)。同15日、東京都板橋区の自宅で、男児(2)の左手が同様に、シュレッダーに巻き込まれ、指を2本切断した。

 このシュレッダーはA4用紙4枚を裁断できる。紙投入口の幅は4~4.5ミリだが、今後2.5~3ミリに狭くする。

 男児は約1カ月入院し、既に退院。同社は「男児の母親から二度と起きないようにと言われている。真摯(しんし)に受け止め、対策を講じていきたい」としている。

 同社によると、同機種は約9100台を販売。特に家庭で使用している場合、無償で投入口を狭くする。

 経産省製品安全課によると、3月の事故後、アイリスオーヤマから報告を受けたが、事故が1件だけだったため、同社に再発防止策を取るよう指導。同社は5月に設計を変更した。しかし7月になってカール事務器製でも同種事故が起きたことから、再発防止のため23日に公表することにし、両社に伝えたという。

 同省は同種事故が他メーカーでも起きている可能性があるとみて報告を求め、設計上の問題がないかどうかを調べる方針。【北川仁士、比嘉洋、吉永磨美、高山純二】

 社団法人「ビジネス機械・情報システム産業協会」によると、シュレッダーの出荷台数は04年は3万6230台だったが、05年は7万6856台と倍以上になった。同協会は「個人情報保護法が施行された影響で増えた」とみている。


http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=75980&media_id=2


このニュースに関する日記を書いた人
http://news.mixi.jp/list_quote_diary.pl?id=75980


指詰める事故が出ています。


人気blogランキング955d2fc7.gifブログランキング・にほんブログ村へ
ねぇねぇ↑ ぽちっと ここ押してみて~(о´艸`)゚.+:
スポンサーサイト

Comment

Secre

ClockLink.com

プロフィール

タッキー@ほったらかしでアホリ☆彡

Author:タッキー@ほったらかしでアホリ☆彡












アクセスランキング

足あと

Research Artisan

インフォトップランキング

インフォカートランキング

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

livedoor ピクス

ネコ温度計

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

広告

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート Example:(88*31)

ブログ内検索

登録・解除フォーム

メルマガ登録・解除
中年オヤジのニャンちゅう生活してんねん
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

RSSフィード

アクセス解析

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。